青汁をお子さんにストレスなく飲ませよう

青汁は、昔はまずくて高齢者の一部の人が不味いのを我慢して健康のために続けるというような健康食品のイメージでしたね。
しかし、そんな苦痛が続くというのは人間はよっぽど確固たる信念が無いと続かない物。
そんな、続けるという事を難しくしなくしたのが青汁の飲み方の工夫です。

お子さんにおすすめの不味くない青汁飲み方

お子さんは、特に大人に比べると苦味という物を美味しくないと敏感に感じ取る傾向にあります。そして、一度不味いと認識したものは中々その後飲みたがらない傾向にありますね。青汁は、色が緑ということもあってお子さんの視覚的にもあまり美味しそうな飲み物とはいえない見た目をしています。

なので、折角お子さんの野菜不足を補うのに使えるとしてもその青汁を肝心のお子さんが飲んでくれなくては意味がありません。とは言え、親御さんなら経験があると思いますがお子さんというのは無理強いをすればするほど嫌がる物で、無理やり飲ませようとしてもそれこそ続かなくなるというのが関の山です。

しかし、そんなお子さんが美味しく青汁を飲む方法という物がありますのでお子さんが青汁を飲むことにストレスを感じにくくする方法を解説します。

青汁といろんなものを混ぜる

青汁は、最近では美味しい味にした物もありますがこういうものは人工甘味料や食品添加物などが沢山入っていて、肝心の青汁の健康成分があまり入っていない事があります。それでは意味がありません、かと言って味を調整していない物は嫌がるという事で青汁はそのまま三大原材料が豊富に使われている物を選び、いろんな食品と混ぜて飲むという方法があります。

青汁は、医薬品ではないので基本的に何かに混ぜて飲んでも栄養分が損なわれたりすることはないのです。だから、青汁には牛乳やコーンスープ、ヨーグルトやフルーツ、アイスクリームなどに混ぜて飲むことで栄養分を損なわずに味を調節して、お子さんでも飲みやすくすることが出来るんです。

野菜なのでいろんなものに合う

青汁は、独特のえぐみや臭みがありますがそこまで強いものではありません。なので、いろんなものに混ぜる事であの独特の風味を消す事が出来るんですね。特に牛乳やアイスクリームのような乳製品は青汁のエグみや臭みなどをまろやかにしてくれますので、お子さんでも殆ど気にならなくなるでしょう。とは言え、青汁と別の物を一緒に飲むことになりますので砂糖や脂肪分の摂り過ぎには気をつけましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です